ROS のインストール
Simple Wiki Based Contents Management System
関心分野 >> ROS のインストール

ROS のインストール

ROSを色々試すためにWSLにインストールしてみました。備忘録として、ここに書いておきます。
ROSのインストール方法の詳細は、"ROS インストール"で検索すると様々なサイトが出てきます。基本的には、どれかのサイトの内容に従って進めれば問題ないと思ます。
手短にまとめると、
  1. source.listの設定
  2. キーサバ―からアクセスキーをダウンロードして設定
  3. パッケージ・インデックスの更新
  4. 必要なROSパッケージのダウンロード&インストール
  5. rosdepの初期化
です。
上記の手続きを一括で行うスクリプト(ros_install.sh)をこのページに添付しています。
このスクリプトをダウンロードして、下記のように実行すればインストールすることができます。ただし、このスクリプトは、ユーザ権限で実行してください。内部では、必要なところはsudoで実行するようにしています。
  # bash ./ros_install kinetic
この例では、kinetic(Ubuntu 16.04)での例になていますが、Ubuntu18.04の場合には、
  # bash ./ros_install melodic
としてください。
ROSのすべてのデスクトップ環境がインストールされます。もし他のパッケージをインストールしたい場合には、ros_install.shを適当に編集してください。

資料