準備とインストール
Simple Wiki Based Contents Management System
Home Projects Memo Misc Topics Software
ソフトウェア関連 >> ツール >> RTCビルダ on the Web >> 準備とインストール

準備とインストール

準備

RTCBoWは、Apache+PHPがあれば、ほぼ動作します。ApacheとPHPを別々にインストールするのも可能ですが、最近はXAMPPという形でパッケージ配布されています。PECLなどの機能が使えないプラットフォームもありますが、RTCBoWでは、PECLのライブラリを使わないように実装しています。
そこで、ここでは、XAMPPをインストールすることにします。

XAMPPのインストール

XAMPPをインストールするのは、非常に簡単です。XAMPPのオフィシャルサイトからインストールするサーバーのOSに合わせたパッケージをダウンロードし、展開すれば完了です。

OpenRTM-aistのインストール

RTCBoWでは、RTCの実行オブジェクト生成機能があります。この機能を利用するには、OpenRTM-aistをコマンドラインからコンパイルする環境が必要です。
(&color(red){また、現在のRTCBoWでは、この機能はWindowsのみ利用可能になっています。})
OpenRTM-aistをインストールするには、OpenRTM-aistのオフィシャルサイトからOpenRTM-aist-1.1.0-RELEASEをダウンロードして、インストールを行います。
次に、RTCのコンパイルをコマンドラインで実行するために、VisualStudio2010 Express版をオフィシャルサイトからダウンロードして、インストールを行ってください。
また、OpenRTM-aist-1.1.0では、CMakeDoxygenも必要ですので、それぞれのオフィシャルサイトからダウンロードしてインストールしてください。
以上で、RTCBoWをインストールする準備完了になります。

RTCBoWの初期設定

準備が終われば、RTCBoWを展開したURLに対して、Webブラウザでアクセスします。

管理者の名前(表示名)、管理者のID(特に変更しなくてもOKです)、管理者のパスワード、管理者のメールアドレスなどの必要事項を入力し、 [Next]ボタン を押下します。
ここで、入力した情報は、RTCBoWのユーザ管理用のデータベースや設定ファイルに登録されます。

インストールしたディレクトリ等を確認して、 [Next]ボタン を押下します。

RTCBoWの設定ファイルが表示されますので、確認後 [Next]ボタン を押下します。このファイルは、etcの下のrtcb.confとして保存されます。

以上で、インストールは終了です。
トップページへ移動」をクリックしてログイン画面に移動してください。
もし、インストールを最初からやり直す場合には、 [Init and Clear]ボタン を押下して最初からやり直してください。

RTCBoWのダウンロード
RTCビルダ on the Web
ユーザアカウントの登録